You are using an outdated browser. For a faster, safer browsing experience, upgrade for free today.

よくある質問

角印や認印以外の印鑑やスタンプの作成はできますか?

PC印鑑にて電子印鑑に複製をすることができないものは、印鑑登録や銀行登録する重要な印鑑、又は契約書など法務に関わる書類等に押印をする印鑑となっております。このため、認印の扱いとなる角印や個人の認印以外に、例えば確認のためのスタンプ印や社判、また蔵書管理などで使われる落款など上記の基準に照らし問題が無いと判断されるものは問題なく受け付けております。なお、スタンプ印の場合、文字が不鮮明である場合、押印をしたときのイメージと、画像処理をしたときのイメージが異なり、ぼやけることや、字がかすれてしまうなおあります。このため、印影が鮮明であることが前提となります。


印影を送らずに電子印鑑を作成して頂けますか?

申し訳ありません。当社の電子印鑑複製サービスは、元の印影を使ってのみ制作を行いますので。印影をお送りください。


印影の一部が欠けているのですが大丈夫ですか?

はい、大丈夫です。印影を拝見した上で、類推または確認の上、欠けている部分を補正いたします。


電子印鑑をコピー機のトナー節約のため、少数色印刷に対応させることは可能ですか?

お客様がお使いのコピー機や複合機で、少数色に対応させることにより、印刷のランニングコストを削減ができるというお客様もお見えになります。当社では、可能な限りそのご要望に応じさせて頂きます。なお、少数色で利用できる印鑑画像は、通常の画像よりも曲線などが荒くなります。これは、コピー機の仕様にもよりますが、グラデーションがあることにより少数色として認識されないことがあるため、この場合、薄い同系色を消すことで、少数色に対応させる一方、曲線はギザギザとした感じになってまいります。下記のような画像でもよろしければ、少数色に対応した画像にすることは可能です。なお、コピー機によっては、検証する必要がありますので、その場合は、弊社で作成したテスト画像をお送りして、それにより少数色に対応した印刷がされるかをご確認の上、製作をさせて頂きます。


実印や銀行印を電子印鑑として制作してもらえますか?

当社では、実印又は銀行印等、登録が必要な印鑑や、契約書等の重要書類へ押印する印鑑の複製については作成は可能です。ただし、法的書類への押印も可能となってしまうため、取り扱いには充分にご留意ください。


印鑑の色は朱色以外でも対応して頂けますか?

はい、可能です。電子印鑑の色指定につきましては、二つの方法がございます。
1,押印時のインクの色を再現する。
2,色をRGBカラーで指示していただきます。RGBでご指定頂ければ、より忠実に複製致します。
また、色指示がご不明な場合は、電子印鑑作成で使える標準的なカラーチャートをPC印鑑にてご用意しておりますので、こちらのRGBカラーを参考にして頂くことも可能です。またカラーチャートにもない色の場合は、PC印鑑までご相談ください。


実際の印鑑を押したように朱肉のムラなど風合いを再現することはできますか?

PC印鑑では、以前ではインクムラを再現した風合いありの仕様で制作を承っておりましたが、注文の殆どがベタ塗りであったため、風合いありの受注は取りやめさせて頂きました。ご了承ください。


FAXでの注文は受け付けていますか?

申し訳ありませんが、印影がFAXでははっきりと確認できないため、精巧な電子印鑑の複製に対応しかねるため、郵送またはメールでお願い致しております。


スキャンする場合はPDFのみですか?

はい、PDFのみ受け付けております。PDF以外の画像の場合、実際の印鑑のサイズと画像のサイズが異なる場合があるため、正確な複製をすることができないためPDFのみとさせて頂いております。


スキャンする場合のポイントを教えてください。

印鑑等をスキャナーで読み取る際に4つのポイントを守ることで、より精度の高いPC印鑑を作成することができるようになりますので、ご紹介致します。

出力形式はPDF。拡大縮小は不要です。
PDF以外の出力形式(例えばJPEGとかBMPなどの画像形式)で出力すると、印鑑の大きさが実寸では無くなる場合がございます。このため、PDFファイルの形式で、拡大縮小をせず、100%の実寸サイズで出力してください。

スキャナーの画質は写真画質が最適です。
スキャナーで読み取る場合、画質の設定をスキャナーのソフトで選択できますが、この際に「写真画質、又はそれに写真の読み取りに類するもの(フィルムとは異なります。)」にして頂くと、綺麗な印影を読み取ることができます。これを文字や新聞読み取りなどにすると、印影が粗くなったり、凹凸ができたりしますのでご注意ください。

スキャナーの解像度は、150DPI以上が最適です。
スキャナーの解像度は、通常ファイルサイズを小さくするため、100DPI以下に設定されていることがあります。しかし、印鑑のデータを読み取るには最低150DPI以上は必要になります。これは、印鑑データを拡大するとき、解像度が低いとぼやけてしまうためです。ご留意ください。

印面はブラシ等で掃除してから押印すると綺麗になります。
印面は長く使っていると、朱肉のインクや埃が目詰まりをしているときがあります。PC印鑑では、およその目詰まりなどは補正をして作成いたしますが、より精度の高い印鑑データを作成するためには、印面を掃除してから押印されることをお薦め致します。


印鑑のセキュリティ対策はどのようになっていますか?会社で使用するときにパスワードなどで使用できないようにすることは可能ですか?

PC印鑑は画像形式のファイルのため、それ自体にはパスワードなどの制御を掛けることはできませんが、納品時のファイルには画像内部に特殊なコードを埋め込んでいるため、画像が流出したり場合にその印鑑画像がコピーされたものか文書に貼り付けたデータからの復元かを判別することができます。また、セキュリティ対策としては、当社ではワードやエクセルなどの編集可能なファイルではなく、PDFデータに変換して送付されることを推奨しております。これはPDFツールにて、改ざん防止や暗号化やパスワードロックなどのセキュリティ対策を施すことができます。